【高山市民時報にリレー随筆を投書しました!】

【高山市民時報にリレー随筆を投書しました!】

1/29の高山市民時報のリレー随筆のコーナーにて僕の書いた随筆を掲載していただきました。

リレー随筆とは?
高山市民の思いを「リレー形式」で伝えていくものです。
その時の思いや、趣味のこと、出来事、なんでもOKで、随筆という形で知人・友人につなげていきます。

というわけで、かくいう私も
本町2丁目のまつの茶舗の松野洋平さん(日本茶インストラクターの資格をもち、さるぼぼの表紙も飾ったことのある先輩です)からバトンをいただき随筆させていただくことになりました。、

千字というのは難しいもので、
こだわって書く分には短いし、かと言って適当にすっと書き上げるには長すぎる、難しい分量でした。

最初は字数を考えず書いてみたところ、1600字もの大作になってしまい、そこから削りに削ってようやく1000字程度に纏めることができました笑

以下、記事を掲載しております。

長い文(いうほど長くない)を書くのは卒業論文以来のため、悪戦苦闘しましたが、文を書くというのは頭も働くし、自分の考えの整理もつくのでやっぱりいいものですね。

また近いうちに長文バージョンも掲載したいと思います。

追伸:先々週の東京文具見本市にて、新商品をたくさん仕入れました。
面白・楽しい商品がありますのでぜひ覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)